Zum Inhalt springen


レクリエーションに参加する高齢者への配慮


2014年5月28日

人間生活の潤滑剤・レクリエーション、

人間生活の潤滑剤・レクリエーション、

レクリエーション、単にレクとも呼んでいますが、人々の生活や営みをより豊かにする楽しみ方、とでも言うのでしょうか。 通常は、仕事や勉強などの日常生活のストレスや疲労を癒すための休養の方法やや気晴らの仕方で,気楽な娯楽の一種とでもいえるでしょう。言語に直すとre-create つまり再創造をすること,又は、壊れかけた物を作り直すという意味でもあり、即ち、人が病気や疾患から回復すること,疲労を癒して元気を取り戻すという意味のことです。
いずれにしても、休養や娯楽,保養や遊戯などの語が当てられてきて、昭和期において若者を中心になってレクリエーションブームが起こり、組織化されたものもあります。
形式的には、全体的なもの、同好会的なもの、趣味的なものから、運動系のレクや頭脳系のレクなどが存在するようです。 言えることは、単独や僅かの人数に限られている場合は、あまりレクとは言い難いと思います。
例えば、老人会主催の軽いハイキング会とかバスツアーによる近距離での旅行会とか、川原でのバーベキュー会とか、出来るだけ大勢が気楽に集まって楽しむやり方は良いと思いいます。

2014年5月27日

レクリエーションの役割

レクリエーションは、気晴らしや娯楽として行うものであり、学業や仕事ばかりの生活を続けている人にとっては、気分転換に有効です。勉強や仕事を頑張ることは大切なことですが、息抜きが無ければ心身ともに疲れきってしまいます。より効率の良い作業を行うためには、レクリエーションを利用するのが良いです。常に緊張を持ち続けている状態は体や脳への負担もたまります。レクリエーションの役割として、常に健康状態を維持させる行為だと思います。また、大人数でレクリエーションをすることで、楽しい時間を共有できて、友人や家族等と親交を深めることができます。友達作りとしても有効であり、同じ目的を持って人と交われば気持ちが通じやすいです。一人や少人数で行って、休養をしたりリラックスをする目的としても有効です。レクリエーションの用途は色々とありますが、人生を楽しむためには必要なものです。そして、仕事や勉強をより頑張れるために必要なものだと感じます。
高齢者レクリエーション向け音楽療養コンテンツ「健康王国」|JOYSOUND FESTA

2014年5月22日

レクリエーションに参加する高齢者への配慮

高齢者向けのレクリエーションを行う上では、進行役に課せられることや、やってはいけないことがいくつかあります。
忘れてはいけないのはバイタルチェックを怠らない、ということです。年齢は様々ですし、その中に健康な人、虚弱な人、障害のある人など様々な人がいます。その中で怪我なく楽しく行うために、参加者のバイタルチェックを怠らないように心がけましょう。これに合わせて、安全を確保することも大切です。年齢を重ねると府としたことで骨折しやすくなります。遊ぶ部屋を片付けて障害になるものを取り除いたり、急に立ち上がったりするようなことを避けたりさせるなどの配慮が大切になってきます。
そして、参加者の自尊心を傷つけないようにすることも大切なことです。競争や知識の差、体力で差が出るようなゲームは避けましょう。
高齢になると耳が遠くなる人も多くなります。耳の遠い人は前の方に座らせたり、自分で喋るときにはゆっくりと、はっきりと喋ることを心がけるようにしましょう。